小児歯科/Kids|金安歯科医院 横浜市 金沢区 富岡東 能見台 金沢文庫 上大岡 神奈川県

予約制

  • 神奈川県横浜市金沢区富岡東5-18-11
  • 045-773-3624
  • 京浜急行「京急富岡駅」より徒歩1分
キービジュアル

毎週土曜日には、
小児歯科治療専門(歯学博士)の
女性ドクターが担当します。

金安歯科医院-お子様の治療に対する考え方

考え方1 お子様のペースに合わせた治療を行います

当院のお子様への治療に対する基本方針は、「無理強いをしない」です。
つまり、お子様が治療を嫌がっていれば、親御さんの希望があってもその日に治療することはせず、次回の来院時に治療をするということです。

小さいお子様ほど敏感です。本人が嫌がっているにも関わらず、無理矢理にでも治療をしてしまえばその過去がトラウマになり、大人になってもなかなか歯医者嫌いは治りません。そうなってしまっては、親御さんの手を離れた後に定期健診で歯科医院に行くかどうかは本人次第となってしまいます。

詳しくは予防歯科に記載していますが、定期的に歯科医院で診てもらう習慣がなければ、早期に歯を失うことにも繋がりかねません。なぜなら、いくら丁寧に歯磨きをしていても完璧に汚れを落とすことはできませんし、虫歯や歯周病の原因となるその汚れは歯科医院で行う歯のクリーニングでしか除去できないためです。

一見すると小さな問題に見える「歯医者嫌い」ですが、この小さな問題に払う代償は非常に大きいと言わざるを得ません。

お子様のことを考えて「すぐに治療をしてほしい」と思われるお母様のお気持ちは分かります。ですが、当院はすべての患者様に生涯をご自身の歯で過ごして頂きたいと考えており、そのためには小さい頃に「歯医者=恐くない」と感じて必要があります。
だからこそ、お子様が嫌がっている時は治療をせず、お子様が治療に協力してくれる時が来るのを待つのです。

当院の考え方に共感して頂ける親御さんがいましたら、ぜひお子様の治療を私達にお任せください。

考え方2 治療中も楽しんで頂くためのアニメ鑑賞

先ほどもご説明しましたが、幼い頃に受けた歯科医院での体験次第で「痛くなくても定期的に歯科医院に来るかどうか」が決まってしまいます。 当院は、定期的に歯科医院に来る習慣をつけてもらうために、まずはお子様に「歯医者=恐くない」と感じて頂くことが大切だと考えています。

それに一役買っているのが「アニメ鑑賞」です。
小さいお子様には、できる限りリラックスして治療を受けて頂くために、診療台にDVDを設置し、アニメを鑑賞して頂きながら治療を進めています。

あまりにもアニメに熱中してしまい、「まだ帰りたくない!」と、お子様から嬉しい言葉をもらえる時もあります。

考え方3 治療後のご褒美に「おもちゃの消しゴム」をプレゼント

当院では治療を頑張ったお子様に、御褒美としておもちゃの消しゴムをプレゼントしています。 これが楽しみで来院してくれるお子様もいます。

小さい頃は、このようなイベントを用意し、お子様が持たれている「歯医者=恐いところ」というイメージを払拭することが重要だと当院は考えています。

虫歯の原因菌から子供を守る3つの方法

意外と知られていないことですが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯の原因菌は存在しません。それにも関わらず、成長するにつれて虫歯が増えてしまうのはなぜでしょうか。
それは虫歯が「感染症」であり、周囲の大人とのスキンシップによって赤ちゃんのお口へと感染してしまうためです。赤ちゃんにキスをしたり、口移しで食べ物を与えたりなどすることによって、知らず知らずのうちに虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまっているのです。

ですが、ご安心ください。虫歯が感染症である以上、虫歯になりにくくする対策がもちろんあります。

その感染症対策には、次の3つの方法が効果的です。

  • 感染源の除去(お母様のお口の中を清潔に保つ)
  • 感染経路の遮断(子供に虫歯菌が移るのを防ぐ)
  • 抵抗力の強化(虫歯菌から子供を守る工夫をする)

方法1. 感染源の除去(お母様のお口の中を清潔に保つ)

「マイナス1歳からの虫歯予防」をご存知でしょうか?
赤ちゃんが生まれた時は0歳です。マイナス1歳とは、お母様のお腹にいるときの状態で、その時からお子様への虫歯感染を予防するための取り組みを行おうというものです。

先ほども述べましたが、虫歯菌は人から人へと感染します。特にお子様への虫歯菌の感染は、母親から子供へとスキンシップを通して移るケースが最も多いといえます。そのため、まずはお母様のお口の中を清潔に保つことが大切となります。

お口の中を清潔に保つためには、食後の歯磨き習慣に加え、 歯科医院で行われているPMTCと呼ばれる、“プロによる専用機械を用いた歯のクリーニング” を定期的に受けられることをお勧めします。

PMTCを受けられることで、 毎日の歯磨きだけでは落とすことができない汚れを除去することが可能です。 詳しくは、こちらの予防歯科の項目をご覧ください。

妊婦歯科健診(無料)
受けましょう!!

~横浜市歯科医師会がサポートします~

妊娠中の歯周病は、早産・低体重児出産のリスクを高めます。
また、妊娠中の歯科治療は、時期により使用できる薬剤が変わります。
症状が出る前に歯科健診でお口のトラブル回避をお勧めします!

料金
無料
受診回数
妊娠期間中に一回のみ
横浜市妊婦歯科健診の受診条件
横浜市に住民登録している妊婦が対象です
必要なもの
母子健康手帳、産科診察券、
横浜市妊婦歯科健診受診券

方法2. 「感染経路の遮断(子供に虫歯菌が移るのを防ぐ)」

虫歯からお子様を守る2つ目の手段は、「感染経路の遮断」です。

育児に追われて歯のケアを怠りがちになると、お母様の口腔内には大量の虫歯菌が増殖してしまいます。この時期に「お母様が口をつけたスプーンで離乳食をあげる」ことや、「お母様が小さく噛みちぎった食べ物を与える」、「お子様にキスをする」などすることで、虫歯菌がお子様に感染します。

極論を言えば、上記のようなスキンシップを一切行わなければ感染経路を遮断でき、お子様が虫歯になる可能性を抑えることができます。しかし、このようなスキンシップはお子様への愛情表現として非常に大切な行為です。
それでは、安全にスキンシップを取れる方法はないのでしょうか?

あります! キシリトールの活用です!
キシリトールの効果を簡単に言ってしまうと、虫歯の原因となる、悪玉ミュータンス菌を善玉ミュータンス菌に置き換える現象を引き起こすことができ、虫歯になりにくいお口の環境を作り上げることが可能となります。
そうすることにより、虫歯の原因となる悪玉ミュータンス菌がお母様のお口からお子様に感染することを避けられます。

ただ、毎日の歯磨きをせず、キシリトールの摂取をしているだけで虫歯予防になるという訳ではありません。日々の歯磨きを欠かさず、デンタルフロスや歯間ブラシなどの清掃補助器具、そして後述するフッ化物によって歯質を強化した上でキシリトールを摂取する。そうすることで初めて虫歯予防になります。
ぜひご家族で取り組んで頂き、お子様とスキンシップをいっぱい取ってあげてください。

方法3. 「抵抗力の強化(虫歯菌から子供を守る工夫をする)」

お母様から子供に虫歯菌が移ると、子供は免疫力が弱いため一気に虫歯菌が増え、 虫歯があっという間に広がります。
虫歯菌から子供を守るため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

  • TBIとよばれる歯磨き指導
  • 虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント填塞(てんそく)
  • 虫歯予防効果のあるフッ化物塗布

以下、それぞれの説明をいたします。

歯磨き指導・シーラント填塞・フッ化物塗布

歯科医院を受診されることで、次の方法で子供の歯を守ることができます。

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

虫歯が多発する部位は、

  • (I)歯と歯の間
  • (II)歯と歯肉の境目
  • (III)歯の溝です。

TBI(歯磨き指導)では、(I)と(II)から発生する虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

シーラント填塞

上記(III)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは虫歯の予防が不可能な部位です。
生え替わったばかりの奥歯の永久歯は大人と比べて溝が深く、そこに食べカスなどがはさまって虫歯になることがよくあります。シーラントは奥歯の溝をレジンというプラスチックを歯の溝に接着させる方法です。
乳から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。

フッ化物塗布

歯の表面のエナメル質は「フッ素」を取り込み、歯質を強化するという性質があります。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ化物塗布によって虫歯菌に抵抗する歯質にすることができます。虫歯菌に負けない歯を作りましょう。

小児歯科Q&A

歯の一部が黒色や茶褐色に見える部分がありますが、虫歯でしょうか?
可能性はあります。
お子様が痛みを訴えていなくても神経に伝わっていないだけで、実際は進行していることがあります。早めに受診をしたほうがいいでしょう。虫歯は風邪と違い、自然には治りません。
乳歯の虫歯は、生え変わるから治療は必要ないのではないですか?
乳歯の虫歯をそのままにしておくと、永久歯の歯並びや歯質に悪い影響があります。 乳歯の虫歯を痛くないからといって、そのままにしたり、早い時期に乳歯を失ってしまうと、隣り合っている歯が移動して永久歯が生えるスペースが確保できず、歯並びが乱れたり永久歯が生えてこなくなってしまい、そのままにしておけば虫歯菌の培養工場にもなってしまいます。
歯の表面が白っぽく見えますが、何か病気でしょうか?
虫歯の初期の頃は、白く濁ったようになります。 虫歯の初期の段階であれば、削って治さなくてもフッ化物塗布などの予防処置で大丈夫な場合があるので早めに受診したほうがいいでしょう。
甘いおやつは食べない方がいいですか?
虫歯予防のために、甘いおやつを絶対食べてはいけないということではありません。 食べ方を工夫すればよいのです。甘いおやつが食べたければ、1日1回食事後すぐのデザートにしたり、ダラダラ食べず、甘いおやつと甘くないおやつ・飲み物とを組み合わせるなど工夫してください。なお、寝る前に必ずお父様お母様が仕上げ磨きをするとよいでしょう。 しかし、3才までは極端に甘いものをたくさん摂取しない方が、歯質・味覚の発達の面でも良いとされています。
転んで歯をぶつけました。どうすればいいですか?
歯の外傷の程度にもよりますが、ごく軽度の場合は、そのまま様子を見てください。 痛みが続いたり出血が止まれば大丈夫です。しかし、歯を支える顎の骨である歯槽骨が骨折したり、歯の脱臼など、見た目より重症なこともありますので、歯科医院で診てもらいましょう。歯がぐらついていたり、歯の位置が変わったり、歯が折れたりした場合は、早めに受診しましょう。
永久歯が乳歯に比べて黄色いので心配ですが?
永久歯は、乳歯に比べ時間をかけ顎の骨の中で成長するので、密度が高く乳歯より黄色いのが普通です。 歯の表面が欠けていたり、生えた後で黄色く変色してきたなら問題ですが、他の永久歯と比べて同じ色なら心配ありません。
治療を嫌がり歯科へ行けそうにありません。
分別がつく歳なら、なぜ治療をしなければならないかを根気よく説明してあげましょう。 当院では、最初から治療はせずに、そのお子様に合ったペースで治療をします。歯医者へ行くのに、嘘を言って連れて行くことは大人に対して不信感を抱かせるので、可能な限りしないほうがいいでしょう。当院では治療を行うのがどうしても困難な場合は大学病院へのご紹介も行っています。

このページの先頭に戻る