ホワイトニング/Whitening|金安歯科医院 格安 費用 歯医者 横浜市 金沢区 能見台 金沢文庫

予約制

  • 神奈川県横浜市金沢区富岡東5-18-11
  • 045-773-3624
  • 京浜急行「京急富岡駅」より徒歩1分
キービジュアル

当院のホワイトニングが選ばれる
5つの理由

歯を削らずに白くするホワイトニングは私達の身近な存在となり、どこの歯科医院でも施術を受けることができますが、その中でも数多くの患者様に当院が選ばれております。

その理由は、「患者様の様々なニーズに応えているから」 というシンプルなものだと考えています。より歯を白くすることはもちろんのこと、治療費を格安で提供したり、歯だけでなく歯茎を健康的なピンク色にする施術を取り入れることで様々な患者様の期待に応えています。

本節では、患者様が当院でホワイトニングを行う理由を具体的にご紹介していきたいと思います。

理由1 世界基準のホワイトニング用薬剤を導入

当院では、「オパールエッセンス」という世界的に利用されているホワイトニング用薬剤を導入しています。

ご存知の方は少ないと思いますが、どの医院でも同じホワイトニング用薬剤を利用している訳ではありません。歯の白くなる度合い、原価、使いやすさなどを考慮した上で、医院に合ったホワイトニング用薬剤を導入しています。

種類によっては、「安かろう悪かろう」というものも存在しますので、どのホワイトニング用薬剤を導入しているのかを事前に確認することをお勧めします。

当院では、歯を白くするホワイトニング効果が高いことはもちろん、痛みが少なく歯に優しいホワイトニング用薬剤を導入しております。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

理由2 格安料金でホワイトニングが受けられる!

ホワイトニングの相場は「3万円~5万円」と非常に高額です。 この高額な治療費が妨げとなって、ホワイトニングをしたくても中々踏み出すことができなかった方が多いのではないでしょうか。

当院では、「もっと多くの方にホワイトニングを体験してもらいたい!」という想いから、 ホワイトニングを格安価格にて提供しております。
高額で行っている歯科医院が多い施術ですので、この機会に体験されてはいかがでしょうか。

ホームホワイトニング

業界平均

¥20,000~50,000
¥20,000(税込)

※1週間分のキットになります。追加ジェル(1週間分)は¥8,000となります。

その他、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・クリーニングをまとめたお得なコースもご用意しております。

ベーシックコース ¥42,000 (通常価格:¥60,000)

  • ホワイトクール(2クール×2回)
  • クリーニング(1回)
  • ホームホワイトニング(2週間分)
  • エリカホワイトニングクリーム

ブライトコース ¥65,000 (通常価格:¥95,600)

  • ホワイトクール(2クール×3回)
  • クリーニング(1回)
  • ホームホワイトニング(1ヶ月分)
  • エリカホワイトニングクリーム

スーパープレミアムコース ¥100,000 (通常価格:¥235,600)

  • ホワイトクール(2クール×4回)
  • クリーニング(2回)
  • ホームホワイトニング(2ヶ月分)
  • エリカホワイトニングクリーム

理由3 ホワイトニングで得た白さを維持するアフターフォロー

ホワイトニングは、審美歯科と異なり歯の白さは次第に失われていき、そのまま何もせず放っておいてしまうと施術前の歯の色に戻ってしまいます。

当院では、ホワイトニングで得た歯の白さを維持し続けるために、再度のホワイトニングを提案したり、歯のクリーニングをするなど手厚いアフターフォローを行っています。

また、患者様の「より歯を綺麗にしたい」という想いを形にするために、歯並びを改善する矯正歯科や、歯茎をピンク色にする施術、永遠の歯の白さを実現できる審美歯科などをご提案させて頂いております。

理由4 神経が死んで黒ずんだ歯も白くする「ウォーキングブリーチ」

「ウォーキングブリーチ」という言葉はご存知でしょうか。
ほとんどの方が聞き慣れない言葉だと思います。

虫歯や外傷などにより歯の神経が死んでしまうと、歯が黒ずんでしまいます。この状態で一般的なホワイトニングを行ったとしてもほとんど効果がありません。 神経が死んでしまった歯を白くする際に効果的なのが、ウォーキングブリーチです。

  • 治療前
  • 治療後

歯の神経を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を内側から白くさせる方法です。これにより確実に白い歯を取り戻すことが可能となります。 しかし、複数回この治療を行うことで歯質が弱くなるというデメリットがありますので、担当医とよく相談されることをお勧めします。

理由5 喫煙等によって黒ずんだ歯茎を健康なピンク色に戻す「レーザー治療」

喫煙される方の多くは歯茎が黒ずんでいますが、これはメラニンによるものです。メラニンは刺激から身体を守ってくれる色素であり、喫煙者の歯茎が黒いのは、タバコの煙に含まれる刺激から守るためにメラニンがたくさん生産され、それによって歯茎が黒く見えてしまうことに起因します。また、歯茎が黒ずむ原因は喫煙だけではなく、被せ物に使用される金属が溶け出すことなどによっても歯茎の黒ずみに繋がります。
上記のようなことが原因で黒ずんでしまった歯茎の色は元の色に戻らないと諦めている方が多いですが、当院が行っている「レーザー治療」によって健康的なピンク色をした歯茎に戻すことができます。

レーザーを黒ずんだ歯茎に照射することで、黒ずみの原因であるメラニンを除去することが可能となるため、健康的なピンク色の歯茎に改善されます。

レーザーの痛みや安全性について心配される方も多くいらっしゃると思いますが、ほとんど痛みはなく、人体への悪影響はありませんのでご安心ください。

レーザー治療以外にも、フェノールという薬品とアルコールを用いて歯茎を健康的なピンク色にする「フェノール・アルコール法」という治療法があり、漂白効果が高く手軽に行えるため多くの患者様が体験されています。

「ホワイトニング」と「審美歯科」の違いとは?

「ホワイトニング」とは、専用の薬剤を用いることで歯を白くします。 「審美歯科」では歯を削り、その歯の上に白い詰め物・被せ物を用いることで、歯の「色」だけでなく「歯の形や歯並び」まで変えることができる治療です。

大きくこの2つを分けると、「歯を削るかどうか」「白さを維持できるかどうか」の2点で違いがあります。

違い1 歯を削るかどうか

「審美歯科治療」
歯を削る必要があります。

「各種ホワイトニング」
⇒薬剤を用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。ただし、天然の歯のみに適用されます。

違い2 歯の白さを維持できるかどうか

「審美歯科治療」
⇒お好みの色を再現することができ、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。

「各種ホワイトニング」
⇒歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このようにそれぞれの治療法で一長一短がありますので、あなたにとって一番良い方法は「これです」とは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。
審美歯科治療に関しましては別ページでご紹介しておりますので、詳しくは審美歯科をご参照ください。

ホワイトニングによる「歯の白さ」の持続期間は?

残念ながら、ホワイトニングでは歯の白さが永遠に持続されることはありません。
しかし、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用することで歯の白さを維持する期間を長くすることはできます。

また、オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングよりも歯の色が戻りやすい(後戻り)傾向がありますので、オフィスホワイトニングの場合は6ヶ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで、後戻りを防止することが可能になります。

ホームホワイトニングに関しても、2~3年に一度の追加ホワイトニングを定期的に行うことで、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

白さを永久に維持させたい場合や、すでに人工の歯が多い方は、審美歯科治療の方が適していますので、審美歯科をご参照ください。

治療症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。
さらに詳しく見たいという方は治療症例集をご参照ください。

このページの先頭に戻る